読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国会社設立徹底解説!「中国の貿易市場」

中国

 

 中国の各業界において対アジア貿易収支の黒字拡大を牽引しているのは東アジアです。しかし、対 ASEAN の貿易収支も 2012 年以降黒字が定着し、かつ拡大傾向にあります。また、南西アジアとの経済貿易収支は 2001 年以降一 貫して黒字であり、かつ近年、黒字幅が拡大しています。

  対東アジアの経済貿易黒字拡大の主因は香港・澳門向け輸出の大幅拡大を背景とした同地域での経済貿易黒字の拡大にあります。日本・韓国・台湾との貿易については、輸出と輸入を合算した貿易総額では依然として 日本が最大でしたが、各業界対日貿易は輸出入とも漸減傾向にあり、特に対日輸入の減少幅が大きく、各業界対日貿易赤字は縮小傾向にあります。これに対して対韓国・台湾の各業界輸出入は 2015 年(1-11 月実績年率換算値)を除けば、緩やかな拡大傾向にあり、各業界貿易赤字が継続しています。

>>このような対日貿易の状況において、日系の会社の中国での進出に関する情報はこちらのサイトをご参照ください。

 中国の経済貿易黒字の拡大という表面的な事象の下で、繊維における台湾、あるいはインド、パキスタンなどとの競合ないし棲み分け、あるいはインフラ拡大につながる南西アジア諸国のセメント・ガラス類やベースメタルの輸入拡大などの動きもみられます。中国の圧倒的な各業界の輸出力が脅威であることも事実だが、中国との経済貿易関係の拡大の中でアジアの生産力の底上げにつながる深化の動きがあることも見逃してはならないでしょう。

出典::三菱UFJリサーチ&コンサルティング

中国会社設立徹底解説!「中国の介護ビジネス」

中国

 

 中国は高齢化社会へ突入していますので、日系の会社にとっては各業界のビジネスのチャンスがあります。

 2004 年 に改訂された「外資ガイドライン」において、初めて、「家庭服務業」(老人ケアサービスなどを含む)が、外資 の進出を「奨励」する分野の一つとして、登場し、その後、2011 年の改訂版においては、「老人服務機構」(シルバーサービス業界)の建設・運営が「奨励」されるに至っており、日本の介護有力企業による高級有料老人ホー ムの運営が始まっています。しかし、高級とはいえ、入居料は莫大な金額であり、これに入居できるのは、ごく限 られた経済的富裕層です。また、老人ホームというハード施設の有望性と同時に、ベッド、紙おむつなど老人介護用品業界市場も急成長を遂げており、とくに、紙おむつ分野では、その決め手となる薄膜吸収体に優れた技術をもつ日系メーカーの競争力が目立っています。

 介護ビジネス(市場)は、介護関連用品の製造販売という業界としての市場、在宅介護のためのベッドレン タル提供やデイサービスの運営、そして介護施設の建設・運営など幅広い市場の可能性がありますが、そのいずれの業界にもすでに外資日系企業が参入しつつあります。

 そして、日系企業はすでに日本での多くの経験とノ ウハウ、さらには日本人固有のきめ細かい、介護サービスを生かして、他社との差異化を行っています。日系介護業界の企業の対中進出のキーワードは、「沿海」、「富裕層」、「高付加価値」です。

>>中国で介護ビジネスへ進出をする際に、注意すべき点に関してはこちらへ

出典:(BTMU(China)経済週報 2014年1月15日 第188期

中国会社設立徹底解説!「会社撤退における労働紛争問題」

中国

 中国で各業界の会社を撤退する場合、労働紛争問題を起きやすい問題となります。

 今回は中国で各業界会社撤退における労働紛争およびその対応方法について紹介していきます。

 具体的に労働紛争問題は経済補償金、賠償金、解雇予告手当、賞与などがあります。主に会社の一般従業員を中心として説明していきます。

(1) 経済補償金または賠償金をめぐる紛争

 中国で法律上、「労働契約法」第44条に定める労働契約が終了する状況に該当するため、各業界会社は撤退を理由として、法に依拠して従業員との労働契約を終了する権利があり、その場合、法定の経済補償金を支払うだけでよいです。しかしながら、従業員は通常、各業界の労働関係の法律に対する知識がなく、または完全に理解しているわけではないため、労働契約の解除と終了の二つの概念を混同することがよくあります。また、両者を区別して捉えていないため、企業が労働契約の終了を申し入れた際に、各業界の従業員は通常、企業によるこのような申し入れは、労働契約の理由なき一方的解除であるとして、賠償金として2倍の経済補償金を支払うよう主張することがあります。

 このような紛争がある場合、各業界の社員にしっかり周知説明をするのはとても大事です。周知説明するために、以下のような方法があります。

・各業界企業のトップおよび人事部が進んで従業員へ説明を行う
・各業界企業が労働組合に説明をした上で、労働組合から従業員に対して説明を行う
・弁護士に頼み、弁護士が従業員に説明し、かつ労使の意思疎通を図る
・各業界企業が現地の労働部門に支援を要請し、労働部門から従業員に対して説明を行う 

>>解雇予告手当をめぐる紛争に関する対応方法は詳しくこちらへ

 (2)上乗せ補償をめぐる紛争

 上乗せ補償で比較的よく見受けられるものには、経済補償金の上乗せと離職合意書締結によるインセンティブの二つがある。両者の金額は、各業界企業の現地の実情および自社の状況により確定します。しかし、各業界従業員からは、企業側が提示した金額を上回る金額で上乗せ補償を主張してくる場合があります。

 従業員の要求を拒否する方法:各業界の企業が提示した上乗せ補償がすでに非常に高待遇の金額である場合、企業は従業員からの要求を拒否することができる。この場合、各業界の従業員がどのような行動に出たとしても、企業は自己の立場を堅持すべきです。

 従業員の要求を適切に考慮する方法:各業界の企業は最初に提示する第一段階の方案と上乗せ方案の両方をあらかじめ準備しておきます。最初の交渉段階では、優遇の度合いを若干低めに設定した第一段階の方案を開示し、各業界の従業員がやや強く要求してきた場合に、あらためて上乗せ方案で対処するかどうかを検討します。このとき、上乗せ方案で対処するのであれば、何度も上乗せするのではなく、小額の上乗せを一度だけにとどめるべきである。何度も上乗せ交渉をしてしまうと、各業界の従業員の期待度が高まる一方となり、対処することが一層難しくなります。

出典:http://www.leezhao.com/

インド原油価格下落による効果とは??

インド

  インドは、世界で5位の原油輸入国である。なので、現在進行している原油業界において原油安のインドにとって大きな良い影響をもたらす。インドは、経済的手法で分析をすると、インフレ率や原油高に長い間悩まされていたので、原油安で財政の圧迫を防ぐことができる。そして、原油業界においてこの原油安はここ1年くらいは続く見込みである。1バレル/37.34ドルの下落は原油だけで319億の支出削減となりなり、原油安の効果は大きい。これにより、経済成長が見込まれ、各国のマーケッターはインド市場が活性化する要因の一つになると予想している。

 これを機に、沢山な業界で会社設立や進出を考える企業も多くなるのではないでしょうか。いろいろな国で設立に興味のある方はインドの情報サイトをご覧ください→こちら>>>

 

 

インド会社設立徹底解説!「税務改正」

インド

 

 インドで各業界の会社設立をする場合、インドの税務改正を注目すべきです。

 サーチャージは2%の増税となっています。課税対象所得が1億ルピーを超える内国法人は12%、外国法人は5%であり、課税対象所得が1,000万ルピーを超える内国法人は7%、インド以外の外国法人は2%となっています。

 教育目的税などは従来通り変更ありません。このように各業界法人税基本税率は減税方向ですが、サーチャージ増税となっているため、2015年4月1日開始課税年度における実効税率は増税といえるでしょう。

 物品・サービス税に関しては2016年4月1日開始課税年度より運用を開始すると明言していますが、直接税導入に関しては触れていません。税制の簡素化という観点からは直接税もGST同様に重要な位置付けにもかかわらず何ら触れないということを感じます。

 また、実効的管理地(Place of Effective Management:POEM)という概念が導入されました。POEM概念自体は経済協力開発機構OECD)でも規定されており、特別なものではありません。

 日本においては設立準拠地(Place of Incorporation)基準(本店所在地主義)が採用されており、日本に本店が存在する会社は内国法人として日本に各業界の法人税を納税します。POEMとは各業界の主要な経営者が滞在する場所、事業上の意思決定が行われる場所において法人税を納税することとなります。つまり、インドで設立された各業界の日系企業はPOEMがインドになるはずなので、インドで各業界の法人税を納税します。

>>具体的に税務改正に対してインドで会社を設立された日系企業はどのように対応すべきかについてはこちらのサイトをご参照ください。

 

出典:http://www.faircongrp.com/

インド市場を注目すべき理由

インド

今回はインド市場や各業界が注目される理由は大きく分け5つある。

 

1、雇用が増加する

経済成長の影響を受け、インドに各業界の進出や会社設立が増加しているので雇用の創出が盛んである。さらに、グローバリゼーションが進み外資系各業界の企業の設立が増加してくると予想できる

 

2、市場規模が拡大する

インドは中国を抜き世界一の経済成長率を2015年に記録。その影響もあり、各業界の投資収入も10%が見込まれる。外資系各業界の企業の会社設立が増える予想である。

 

3、インド経済は困難を克服できる

世界的に記入聞き、地政学的分背負う、その他の国内外の諸問題など、インド経済にも懸念材料は存在する。しかし、インド経済はこのネガティブ要因を打ち消すほどの各業界の成長を常にしてきた

 

4、GDPの増加

2016年のインドのGDPは、前年比で6.3%の増加が見込まれ過去最大の増加に見込みである。世界2位の人口を誇るインドにとってこの経済成長は非常にプラス要因である。

 

5、貧困対策が進む

各業界の雇用の増加に伴い、貧困を減少させる何か施策がとられる可能性が高い。ITスキルが高いと騒がれるインドは海外経済マーケットのニーズをつかんでいる。

 

 

インドは、今後さらに各業界において大きな市場となるので外資系各業界の企業の進出や設立が今後増加されると予想される。

インド有益情報サイトはこちら>>>

 

インド会社設立徹底解説!「有限責任事業組合と会社の違い」

インド

 前回でインドにおける各業界の会社設立に関して有限責任事業組合という進出形態を紹介しましたが、今回は有限責任事業組合と普通に設立された各業界の会社との違いを説明していきます。

・経営体制

 会社の場合だと、会社、株主、取締役の間の関係は、2013年会社法の規定に基づく定款によって規制されています。各業界の事業管理は、取締役会決議または株主総会決議、その他を通じて実行される必要があります。

 LLPの場合は法令の規定はなく、LLP契約によって決定できます。つまり、LLPは経営体制を極めて柔軟に設計できます。

・課税

  各業界の会社の課税については、1961年所得税法に基づき、会社の収益に対し課税されます。株主への配当に対しても、配当税が課税されます。

 1961年所得税法ではLLPという概念が規定されていないことから、LLPもパートナーシップファームと見なされ、これと同様の扱いを受けます。同法によれば、LLPの利益に対しては、会社と同様30%の法人税が課されるが、課税されるのはこの1回限りであり、会社形態における株主に課される配当税に相当する税金は課されないです。

 ・議決権

 各業界において設立された会社の議決権は、株主が保有する(議決権付株式の)株式数に比例します。

 LLP契約において、議決権の方法とパートナーの議決権を指定することができます。

>>ほかの詳しい違いはこちらのサイトで紹介しています。

出典:https://www.bizbuddy.mufg.jp/sas/ind/management/1603/entry54437.html