読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業に直面するインド設立の壁

インド

 

成長が著しいインド市場に、中小企業が進出し、現地子会社を設立するケースも増加しています。しかし、他国に比べインドへの進出はハードルが高いのが現実です。もちろん、言語(インドの公用語は英語)の問題はありますが、それ以上に文化や宗教面の問題がおおきく中小企業に立ちはだかります。

また、会社を設立する場合には複雑な手続きに比べ、インフラの問題点もまだまだ多くあり、停電なども多く起きています。そのために、ビジネスに支障をきたす場合も未だなお多く見受けられます。

 

設立後の会社運営でも文化の違いから多くの困難に直面する可能性が高いです。例えば、採用です。もし、事業拡大のため現地のスタッフを雇った場合、日本と同じようなマネジメントの手法を使っていたら、ほぼ間違いなく失敗します。設立の複雑さに加え、設立後の事業でもまだまだ大変な部分が多いの現状です。

まず、インドへの設立を考えている方は、専門などに問い合わせをし、リスクを上げていく必要があります。

オススメのサイトはこちらです。

Wiki Investment