読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国会社設立徹底解説!「ビザ手続」

中国

 中国で会社を設立する日本企業は、中国に派遣する社員の仕事内容、中国での滞在期間等から判断して適切なビザを取得する必要があります。

 日本国籍の方は条件を満たせば無査証滞在が可能です。ビザの取得は中華人民共和国大使館(東京)もしくは総領事館(札幌、新潟、名古屋、大阪、福岡、長崎)にて可能です。旅行会社の代理申請も可能です。

 ここでは、中国で会社を設立 するために、就労ビザ(Zビザ)に関する注意点を説明します。

 Zビザの取得申請条件は、主に下記の三つの条件を満たす必要があります。

・大学卒業

・最低2年間の関連職歴があること

・60歳を超えないこと

 以上の条件を満たしてない場合の手続はこちらのサイトを参照してください

f:id:setsuritsu:20160412171121j:plain

 Zビザの更新期間については、毎年更新手続きをしなければなりません。例外的に、たとえば設立した会社の登録資本金300万ドルを超えた会社の管理職の方や専門技術を持った方などに対して、2~5年間の居留許可を付与することができるとされています。