読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポール会社設立徹底解説!「外国人の進出の形態」

 

    外国人がなぜシンガポールで会社設立をしたいと思いますか?

f:id:setsuritsu:20160415131556j:plain

 その理由としてはシンガポールは会社設立・運営にとって外国人に特別な制限がないためです。子会社の設立はむろん、個人企業、有限責任会社、株式会社などの企業の設立も可能です。 外国人の企業設立の制限は特別に決まってないため、企業の規模、ビジネス、親企業の関係などによって、企業形態別に税金、登録与件などの特徴を設立する前に調べることが効果的です。

 では外国人には難しい会社設立の形態は??

 シンガポールでは外国人の投資誘致を拡大するための経済発展政策があり、上に書いてあるように外国人がシンガポールで設立するとき、制限される企業の形態はないです。

 企業の規模、事業の特性、計画によって会社の設立をすることをお勧めします。

 一般的に外国企業が設立する形態は子会社を設立することであり、親企業がある場合はシンガポールで支店の形態で設立することが多いです。

 この形態以外にも様々な種類の進出形態があります!!

 その情報はこちらに書いてあります!!

 

出典:http://www.wiki-investment.com/home.php?ctid=15