読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポール会社設立徹底解説!「外国人労働者の雇用」

 シンガポールで会社を設立する場合は外国人労働者の雇用が不可欠です。

 シンガポール政府では企業が外国人労働者を雇用する場合、税金を賦課し、外国労働者の雇用比率に制限を設けています。

 そのためシンガポールで会社を設立する際に、外国人労働者に対する税金や雇用比率の制限などを調べて準備しておくべきです。

 雇用については設立する際、ビザの書類などを準備しなければなりません。様々な準備しておくべきの書類はこのリンクに詳しく書いてありましたのでご紹介します!!!  

f:id:setsuritsu:20160415132630j:plain

 シンガポール政府は2012年1月から会社を設立する際、外国人就業ビザ条件の最小月給基準を高さは変更しました。月給の基準が高くなることで、会社を設立する場合、外国人と内国人労働者の比率を考慮しなけらばなりません。

 シンガポール政府は長期的にシンガポールに居住する外国人勤労者に対する税金徴収額を内国人労働者の税金上方速度に合わせて高めていく流れがあります。

 さらに、急速に増加する外国人勤労者の質的水準を強化するため、学歴と経歴まで資格要件を制限があるため、シンガポールで会社を設立する際、外国人労働者の要件も考慮しなければならなくなりました。

 シンガポール労働市場について更に詳しい情報はこちらへ

出典:http://www.wiki-investment.com/home.php?ctid=15