読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ法人設立時の法人形態はどれがいいのか

 

 タイで法人設立する際、大別して、

①現地法人

②支店

③駐在事務所

にわかれます。

 これらの法人形態は、責任範囲や規制範囲などの違いがあり、一概にこれだという法人形態はありません。進出理由や企業の状況にもよって適した法人形態を選択するべきです。

f:id:setsuritsu:20160412180439j:plain

 

 例えば現地法人に関して、営業活動範囲が他の2形態に比べ最も自由度が高い事、製造業の場合、100%出資が可能な事がメリットである一方、サービス業の場合、外国人事業規制法の規制対象となる事がデメリットになります。
支店や駐在事務所においてもそれぞれ同じ様にメリット・デメリットが存在する為、自社状況や進出内容と照らし合わせて考える事が重要です。

詳しくは、こちらをご参照下さい。

http://www.wiki-investment.com/home.php?ctid=20