読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国進出徹底解説!「日本企業による海外子会社設立失敗の理由①」

 中国に会社を設立する際に、知っておきたい情報をお伝えしています。

 日本企業による海外子会社設立の失敗の理由を見ていきます。

 なぜ、第4フェーズで日本企業が会社設立を失敗しているのでしょうか。 その理由は、日本企業の会社設立の発想が第3フェーズのビジネスモデルのままだからだと考えられます。

 第3フェーズと第4フェーズの会社設立のビジネスモデルの大きな違いは、販売先が日本から海外に変わったことです。ここでの海外とは、新興国を指します。

 例えば、海外進出を考える日本企業は、必ずといってよいほど各国の賃金水準を比較検討しようとします。

 >>各国の賃金水準の比較について詳しい情報はこちらへ

       f:id:setsuritsu:20160413140801j:plain

 この発想は第3フェーズの会社設立のビジネスモデルの発想です。販売先が日本である第3フェーズのビジネスモデルであれば、日本と海外の生産コストを比較して考えることは非常に有効です。第3フェーズの会社設立のビジネスモデルにおける競合は日本企業であるからです。