読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インド会社設立徹底解説!「日系会社のチャンスはどこにある?」

 

 インドで会社を設立する際に、日系の会社に対して今後のビジネス・チャンスはどの分野にあるのかを分析していきます。

 2016年インド国内で会社が生産・加工された食品の販売について、100%の外資出資を認める規制緩和が行われることになりました。これに伴い、外資系小売業のインドにおける会社の事業を拡大していくあるいは会社を設立していくという傾向が見えます。つまり、日系の会社には食品加工、物流、倉庫、建設などの分野におけるインドでのビジネス・チャンスが生じる見込みです。

  なぜインドで外資の会社設立に対して規制緩和をしたのかについては以下のように考えられます。インドにおいてその背景の一つとして、インド国内で会社が生産されている農産物のかなりの量が、まだ未成熟な流通網がネックとなり、廃棄されているという現状があります。

 しかし、外資系会社によって形成された小売業がインド国内で生産された農産品、加工食品を適切なシステムで流通し、消費者に販売することが可能になれば、結果として農家の所得が向上することが期待できます。そして、インド国内の消費者にとって、高品質の食品を購入できるようになるというメリットは大きいです。

  そこで、日系の会社のビジネス・チャンス 今回の規制緩和により、日系企業には以下のようなビジネス・チャンスが生じると考えられます。

① 食品・加工食品小売業への参入

② 加工食品製造業への参入

③ 農機具等の農業生産関連資材、機器販売

④ 農業コンサルティング

>>更に詳しいビジネス・チャンスはこちらへ

 如何にこのようなビジネス・チャンスを掴み、インドで会社を設立することが成功できるのかについてはこちらのサイトで詳しく掲載しています!