読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インド会社設立徹底解説!「インドのIT業界」

 インドで会社を設立する際に、いろいろな業界を知る必要があります。特に近年、インドで外資のIT会社は段々設立されています。

 インドにおけるIT産業は、国内総生産GDP)に占める割合が8.1%で、輸出も伸びていくとされており、インドの成長に不可欠な産業の一つです。インドにおけるIT産業の規模は、2009年に200億米ドル、2013年に320億米ドルと伸び、2014年も前年と同額の320億米ドル規模となる見込みです。

 IT産業が国内総生産GDP)に占める割合は8.1%、サービス関連の輸出に占める割合も38%と、第3次産業の中で最も割合が多い。 また、輸出は2009年470億米ドル、2013年760億米ドルで、2014年はさらに伸び860億米ドル規模になると予想されています。 

 インドのIT都市としてはバンガロールが世界的に有名ですが、他の州にもIT関連企業が集積するITパークが建設されています。 IT産業は、インドの成長に不可欠な産業の一つだ。

 1991年に建設されたSoftware Technology Parkは100%外国投資が認められており、同地区内へのハードウエアおよびソフトウエアの輸入に掛かる関税は免除されるなど、優遇措置が設けられています。1998年にはバンガロールにInternational Tech Park Bangaloreがオープンしました。

>>インドで設立されたIT会社はどの進出形態で進出していますか?今後IT業界はどのような発展の傾向がありますか?詳しくはこちらへ

出典: http://www.soft.net/

   http://www.itpbangalore.com/

   http://www.wiki-investment.com/home.php?ctid=6