読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【メキシコ会社設立】市場分析

★近年、メキシコは注目に値する国です。

 なぜなら今後数年間、メキシコの経済成長はさらに加速する可能性が高いからです。 

f:id:setsuritsu:20160414131606j:plain

 メキシコで会社を設立する時に、メキシコの市場状況を知った上で会社を成功させる可能性が高くなります。なので、メキシコの今後の市場を分析してみます。

 メキシコの政治指導部が大胆な改革を断行する可能性が高いことにあります。新大統領は、いくつかの政治問題に関する協定を野党との間で締結しました。

 この協定には、エネルギー分野への民間投資の容認、通信・メディア部門における競争の導入、労働市場規制緩和、民間部門による金融市場の利用拡大、政府サービスの効率性工場などが含まれています。

 輸出志向の強いメキシコの製造業は、かつては中国へと流れていた投資を呼び込むことにより、復活の兆しを見せています。

 中国での賃金上昇や人民元の高騰により、中国とのコスト格差は急速に縮小しています。さらに、メキシコの製造業者や電力会社は、米国からバイブラインで輸入される比較的安価な天然ガスを利用することができます。

 これもまた、中国に対するメキシコの競争力を向上させる一因となっています。

 

さらに、メキシコで会社設立のメリットとデメリットに関して詳細はこちらへ

 メキシコの人口動態は比較的良好です。

 若年層が多いことから、生産年齢人口は今後10年にわたり急速に増加すると予想され、その増加ペースは中国やロシア、ブラジルに比べてはるかに速く、インドに匹適するほどです。

 メキシコの消費者市場に関しては、景気見通しの改善により、中間層が急速に拡大すると予想されるとともに、消費者の購買力も大きく向上しそうです。

 

市場分析以外、ほかの基本分析に関しては、こちらのサイトメキシコ基礎知識をお勧めです。