読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ会社設立徹底解説!「タイビザの種類(1)」

入国ビザ 日本人は、30日以内の観光目的による入国の場合、外国で入国許可(入国ビザ)の取得が免除されます。つまり、ビザなしで入国しても空港で30日間の滞在許可をもらえるということです。しかしながら、空港でもらえる30日の滞在許可は、あくまで観光ビ…

タイ会社設立徹底解説!「タイのビザ・ランとは何か?(1)」

ビザ・ランの取り締まり強化 「ビザ・ラン」とは、ビザなし(No-Visa)で出入国を繰り返し、長期間違法にタイ国内に滞在することをいいます。 2014年5月8日付および29日付の移民局ウェブサイトによる情報を紹介していきます。 ・外国人の入国審査に関するガ…

タイで会社設立徹底解説!「タイのビザと労働許可(1)」

タイでは「タイ国内で外国人がいかなる労働を行う場合にも労働許可が必要」というのが普通でしたが、最近タイのビザ以下の変化がありました。 (1) ビザ・ラン(Visa Run、詳細後述)の取り締まりが厳しくなった。 (2) 外国で取得するノン・イミグラントビザ…

タイ法人設立での基本定款の作成について

タイ法人設立での基本定款の作成について タイで法人を設立する際、定款を作成する必要があります。 定款は基本定款と附属定款とで構成されており、社名、本店所在地、事業目的、発行株式数など、会社の基本的事項を基本定款で定め、会社の機関である取締役…

中国進出徹底解説!「日本企業による海外子会社設立失敗の理由①」

中国に会社を設立する際に、知っておきたい情報をお伝えしています。 日本企業による海外子会社設立の失敗の理由を見ていきます。 なぜ、第4フェーズで日本企業が会社設立を失敗しているのでしょうか。 その理由は、日本企業の会社設立の発想が第3フェーズ…

タイ法人設立時の法人形態はどれがいいのか

タイで法人設立する際、大別して、 ①現地法人 ②支店 ③駐在事務所 にわかれます。 これらの法人形態は、責任範囲や規制範囲などの違いがあり、一概にこれだという法人形態はありません。進出理由や企業の状況にもよって適した法人形態を選択するべきです。 例…

タイ人労働者の定着率

以前、こんなご質問を頂きました。 「今度タイで法人設立を行う予定ですが、既にタイに進出している知人がタイ人の教育や定着率が大きな課題だと頭を悩ませていました。実際どうなのでしょうか」 タイのスタッフの教育と定着については、多くの企業が悩まれ…

タイ会社設立徹底解説!「事務所選びポイント」

よく、海外で法人設立の際、事務所選びで日本企業が集まっている所や人気立地を基準に選択される方がいらっしゃいますが、設立するにあたってはそういった点ではなく、提携する事務所、パートナーの所在地や、主な顧客企業の場所など現実的な行動から、事務…

タイ法人設立の際の資本金のルールについて

タイ法人設立の際、資本金等を設定しますが、資本金設定には規定があり、日本人労働者一人当たり200万バーツ以上か、もしくは、初期投資金額と運転資金と100万バーツを合算したもの以上の資本金が必要となります。 詳しくは、こちらをご参照下さい。 http://…

タイの事業拠点の設立手続き

タイで事業拠点を設立するには一定の手続きが必要になります。 この手続きは設立したい拠点の種類によって異なります。 今回は、非公開株式会社を例にして説明します。 非公開株式会社の設立手続きには2つのパターンがあります。 この2つの違いは、ある申…

海外拠点を設立するなら知らないとダメ!? タイの投資規制

タイには他の国にもあるように投資規制が存在します。 規制は外国人事業法や外国為替管理法などにより規制され、設立する上で注意すべき項目が複数あります。 特に設立が禁止されている業種なども存在しますので、タイへ進出するならば投資規制については必…

タイの現地法人の設立に関する要件について

タイに事業拠点を設立する上で気をつけなければならないのが、現地の法律です。 特に、タイで設立する場合、民商法典の外国人事業法に準拠する必要があります。 なので、今回はタイでの現地法人設立を例にして説明していきます。 タイでの現地法人は、公開株…

タイの産業構造と現地法人設立のメリット

タイで支店を設立したい。 けど、どういう産業で設立すればいいのかわからない。 そういう方のために、今回はタイの産業構造について書いていきます。 タイは近年産業構造を変化させています。 1950年ごろは第一次産業が、1980年ごろは工業部門が主なものと…

タイで現地法人を設立するメリットって?

タイで支社や駐在所を設立するにあたって、まずはタイの財政状況を知る必要があります。 どのような部分で設立に有利なのかを知らずに、いたずらに進出し設立したはいいがタイ進出のメリットを活かすことなく撤退することとなった、というようなことがあり得…

【タイ会社設立・基本】バンコクに現地法人・事務所を開設する利点

タイで会社設立なら、やっぱりバンコク? タイで外資系企業が現地法人や駐在員事務所を設立する場合、現状、ほとんどの企業はバンコクに拠点を設立します。タイの中でも、他の都市ではなくバンコクに設立するメリットやデメリットは一体どこにあるのでしょう…

【タイ会社設立・基本】BOI投資申請のベネフィット

「BOI(タイ投資委員会)がどんな機関なのかは理解しました。 でも、投資申請をするとどんな良いことがあるの?」 前回は、タイでの進出・設立において非常に重要なキーワードである「BOI(タイ投資委員会)」について簡単に説明しました。今回は、BOI申請を…

【タイ会社設立・基本】BOIとは?

「BOIってキーワード、よく出てくるんだけど、なんだかよくわからない。」 BOIをひとことで言うと? BOI (Board of Investment、タイ投資委員会) は、タイにおける国の政府機関で、日系企業のような外資系企業が進出する際、現地法人を設立する際の手続きを…