読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポール会社設立徹底解説!「流行っている分野は?」

シンガポールでも会社を設立する場合、主要な分野があります!! この分野なら迷わず進出の道に繋がります!! シンガポール政府は2000年代に入って、バイオメディカル、エネルギーや石油化学、航空宇宙などの新産業分野の育成のために産業団地の建設、人材…

シンガポール会社設立徹底解説!「進出の利点」

シンガポールには海外企業設立を誘致するため経済拡大優遇法があります。 この法律はシンガポールで会社を設立したい企業の対象でアセアン、中国、インドなどで投資を多角化するよう奨励する目的もあります。 シンガポールでなぜ会社を設立をするべきかとい…

シンガポール会社設立徹底解説!「外国人労働者の雇用」

シンガポールで会社を設立する場合は外国人労働者の雇用が不可欠です。 シンガポール政府では企業が外国人労働者を雇用する場合、税金を賦課し、外国労働者の雇用比率に制限を設けています。 そのためシンガポールで会社を設立する際に、外国人労働者に対す…

シンガポール会社設立徹底解説!「設立する与件は??」

シンガポールへ会社を登録する場合は会社名(相互)の承認と会社登録申請の二段階に分かれています。すべての手続はシンガポールの会計及び企業管理庁ACRA(Accounting and Corporate Regulatory Authority)が運営するウェブサイトBizFile(www.bizfile.gov.sg)…

シンガポール会社設立徹底解説!「外国人の進出の形態」

外国人がなぜシンガポールで会社設立をしたいと思いますか? その理由としてはシンガポールは会社設立・運営にとって外国人に特別な制限がないためです。子会社の設立はむろん、個人企業、有限責任会社、株式会社などの企業の設立も可能です。 外国人の企業…

シンガポール会社設立徹底解説!「会社の開示制度」

シンガポールで会社を設立する際に会社の開示制度についての内容を紹介していきます。 シンガポールは重要なビジネスインフラでもある会社の開示制度においても高い透明性を確保しています。日本では、設立された会社は未上場であれば、会社の財務諸表は一般…

シンガポール会社設立徹底解説!「会社法・基本」

シンガポールで会社設立する場合、まず会社法の基本知識を見てみましょう。 シンガポールの会社法の特徴はイギリスの法制度をモデルとしており、独自の法を制定しています。ただし過去は英国法に基づくコモン・ローを基礎としていました。 >>コモン・ロー…

シンガポール会社設立徹底解説!「会計制度」

シンガポールで会社設立する際に、シンガポールの会計制度を理解する必要があります。 シンガポールで設立された会社の会計期間を1年間とし、決算日を自由に設定できます。法人税の課税年度は設立された会社の定める会計期間に従うことになりますので、設立…

シンガポール会社設立徹底解説!「就労ビザ手続」

シンガポールで会社設立をし、駐在員が行く前に就労ビザの手続についての内容を説明します。 シンガポールで会社設立後、駐在員の就労ビザは日本で申請の手続をするではなく、シンガポールに到着してから就労許可証の申請手続を行います。 就労ビザの種類は…

シンガポール会社設立徹底解説!「会社設立メリット」

シンガポールで会社設立のメリットについては、以下の三つをまとめていきます。 ・税金の安さ 一つ目はシンガポールの事業環境において一番の魅力ともいえるのが「税金の安さ」であるといえます。シンガポールで会社を設立し、法人税率は日本よりかなり安い…

シンガポール会社設立徹底解説!「地域統括会社」

まず、シンガポールにおける地域統括制度とは何かを説明していきます。 シンガポールは外国企業を国内に誘致して、経済活動の生産性を引き上げることを産業政策の重点に置いています。そのため、地域統括会社の誘致に力を入れており、一定以上の規模の会社に…

シンガポール会社設立徹底解説!「会社設立手順」

今回はシンガポールで会社設立の手順について説明していきます。 ・商号の決定 商号とは、商人がその営業上、自己を表示する名称のことをいいます。そのため、会社設立にあたっては、まず、使用する予定の商号を会計企業規制庁に予約し、決定することが必要…

シンガポール会社設立徹底解説!「労働環境入門」

シンガポールで会社を設立する場合、現地採用をする企業が少なくないです。なので、今回はシンガポールの労働環境について、入門知識を紹介していきます。 ・就業人口 2008年から2012年まで、シンガポールの総人口は4,839,000人から5,312,000人まで増加しま…